コンテンツへ

シャントさん日記

神戸ブロック第1回地域学習会
2015.08.28
神戸ブロック第1回地域学習会開催

神戸ブロックの第1回地域学習会を平成27年7月5日(日)午後1時30分から神戸市勤労会館2階多目的ホールで開催しました。



この学習会はNPO法人神戸市難病団体連絡協議会主催、神戸市共催の第63回医療相談会の一環として開かれ、透析患者にとって大事なシャントのお話です。

題して、「バスキュラーアクセス(シャント)を共に考え、共に守る」

講師は、医療法人社団 医伸会 のじまバスキュラーアクセスクリニック 院長 野島 武久 先生



透析、シャントの歴史から始まり、シャントの作製方法、シャントの治し方(シャントPTA)等を、写真と実際の手術の動画を交えお話をいただきました。

また、シャントを長持ちさせるには医療者側は 透析の度にチェック、閉塞させないこと。患者側としては毎日、見て、触って、聴くことが大切とのこと。

最後に、熊本大学 西中村 隆一 教授によるiPS細胞から3次元腎構造作製の紹介があり、質疑応答の後、午後4時に閉会しました。

のじまバスキュラーアクセスクリニックは数少ないシャント専門のクリニックです。

野島先生のお話を82名の参加者は時には動画に目を背けながらも熱心に聞いていました。

野島先生、ありがとうございました。

阪神ブロック第1回学習会&家族交流会
2015.08.20
平成27年7月26日(日)の
午前中に阪神ブロック第1回学習会
午後から平成27年度家族交流会が開催されました。

午前中の学習会は例年おなじみの初期導入者向け
の学習会で、今回は

宮本クリニック 院長 西庵 良彦 先生

により、「透析患者さんの常識、非常識」という
題名で


部屋の定員ほぼ一杯の56名の方が参加していただき
なかなか盛況な学習会でした。

内容も初期導入者にわかりやすく、質問される方も
多かったのですが、丁寧に回答していただきました。
全体的に「わかりやすかった」「みなさん活発に発言
されていて、私ももっと勉強したいと思った。」
という意見がありました。

午後からは平成27年度の家族交流会が行われました。



今年は会員さん家族会員さん合わせて14名の方
に参加していただき、簡単な勉強会をおこないました。
小泉相談役から「透析患者の現状」について、また
西脇副ブロック長からは「家族のささえ、について
ベテラン患者に聞く」という内容のお話で、質問など
に患者の立場で回答させていただきました。

家族交流会の内容についても色々考えているの
ですが、できるなら食事会なども開催したいなぁ
と考えています。
阪神ブロック 第5回交流会
2015.08.19
平成27年6月14日 阪神ブロックの第5回交流会が
開催されました。今回は40周年記念大会という事で
交流会終了後に景品の抽選会を企画しました。
オープニングは からたち幼稚園ドドンコクラブの
太鼓の演奏ではじまりました。ドドンコクラブに
関しては尼崎市議会議員の北村保子先生にご尽力い
ただきました。
 



西脇副ブロック長の開会の挨拶
黙祷
松菱ブロック長の挨拶
来賓の方の挨拶
  兵庫県透析医会会長 依藤 良一 様
  衆議院議員     大串 正樹 様
  兵庫県議会議員   大前 はるよ 様
  尼崎市市議会議員  北村 保子 様
    以上4名の方のスピーチ
功労者表彰
透析15年表彰
祝電披露
赤見副ブロック長より平成26年度活動報告
          平成27年度活動方針
高瀨組織委員より新役員の紹介

と続き午前中のプログラムが終了いたしました。




お弁当をはさんで午後からは
芦屋坂井瑠実クリニック理事長の坂井瑠実 先生による
「透析の過去、現在、未来」という講演を聞かせていた
だきました。


そして酒井副ブロック長の閉会の辞で交流会は終了。
そして参加者お待ちかねの抽選会です。
来場者の50名ほどに景品があたる企画ではずれた方
もハズレのチケットと交換に入浴剤が配られ、何かしら
おみやげのもらえる交流会となりました。


記事検索
お知らせ

« 2015 / 08 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク
RSSフィード
RSS 2.0 RSS 2.0
ページの先頭へ