コンテンツへ

シャントさん日記

2018年度第2回神戸地域学習会
2018.12.25
師走にはいった12月2日(日)13時30分から神戸市勤労会館308号室で76名の参加を得て第2回学習会が開かれました。

この時期の学習会は透析初心者の方にもわかりやすい演題を取り上げています。今回は写真のような演題です。



講師はいつも栄養相談でお世話になっている、NPO法人 食と地域創生 理事長で管理栄養士の渡辺聡美 先生。体験談はNPO法人兵庫県腎友会神戸ブロック副ブロック長 平井幸子です。

      渡辺先生             平井副ブロック長



渡辺先生からは『透析の食事療法』の講演をいただいたうえで、平井副ブロック長が金曜昼間透析後の夕食、土、日それぞれ3食、月の朝食、昼食の献立をグラム数を添えたもので検査結果がどうなったかを述べました。また、次の検査日に合わせ、同じ献立で吸着剤のとり方を変え、検査結果がどう変わったかも示されました。



今回の献立は皆さんの食事で考えられるパターンとして、コンビニの食事やファミリーレストランの食事も加えたものになりました。

質問タイムも講師のお二人がリンクして答えていただき、わかりやすい内容ではなかったかなと思いました。



(記 神戸ブロック事務局長 森田)

神戸ブロック2018年度バス旅行
2018.12.21
2018年11月11日(日)秋晴れの下、湯郷方面へ104名の参加者がバス旅行に出かけました。

いつものように、三宮山手迎賓館前に8時20分集合し8時30分定刻に出発。今年は遅刻者や欠席者もなく、スムーズに出発でき幸先良いスタートでした。





新神戸トンネル・阪神高速北神戸線・山陽道を経て、途中SAで休憩をはさみ山陽ICを下り、最初の目的地、サッポロワイン岡山ワイナリーにつきました。敷地内はよく整備され、紅葉も美しい。





ワインの製造工程の見学では階段があるため、車いすや、足の不自由な方には添乗員や役員で補助をしながら見学し、そのまま流れで売店へ。ワインの試飲やワイン関係のお土産がたくさんあり、皆さんたくさん買っていました。また奥には有料試飲カウンターもあり、伊勢湾サミットで出されたワインも試飲でき、この工場で作ったブランデーも売っていました。





美作街道を北上し、お楽しみ昼食会場の湯郷グランドホテルに到着。





恒例のブロック長挨拶の後、食事。量もたっぷりで満腹。





湯郷温泉は白鷺が傷をいやしているのを見て僧侶が発見したそうで、浴場の暖簾も白鷺の絵。





今回はホテルの計らいで、昼食会場を出たところに、無料のタオルが置かれていたので、食後、入浴や足湯に行かれた方がいました。特に足湯は大人気。




もちろん買い物も。



ホテルを出発し最後の買い物。美作にある道の駅「彩菜茶屋」に到着。野菜やキノコ類が安い。季節がもう少し前なら、地元でとれたマツタケやその他のキノコもたくさん販売されているようです。





みなさん、たっぷり買い物をした後、美作ICから中国道に入り、帰途につきました。途中加西SAで休憩、まだ買い物をする人もいましたが、帝国の17時30分、山手迎賓館前に到着しました。

今回もゆう透析クリニックの看護師さん二人に参加していただき、ありがとうございました。でも何事もなく無事帰ってこられたことに感謝し、帰路につきました。



記 神戸ブロック事務局長 森田

記事検索
お知らせ

« 2018 / 12 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク
RSSフィード
RSS 2.0 RSS 2.0
ページの先頭へ