コンテンツへ

シャントさん日記

神戸ブロック第22回ボウリング大会
2017.02.28
2月19日(日)神戸ブロックのボウリング大会が三宮の神戸ボウリング倶楽部で開催されました。



この大会は阪神淡路大震災で透析施設が被災した中、いち早く透析患者のために尽力してくださった原信二先生への感謝を込め原記念杯ボウリング大会として震災後開催したのが最初で、今は冠はとれましたが、今回で22回目となります。



まずは、宮本ブロック長の挨拶



続いて、村田副ブロック長の始球式



和気藹藹とゲームを楽しみます。



ストライク 爆  笑



倒れて下さい



2ゲームを投げ、ゲーム終了
場所を移し、「はたごや」で表彰式を兼ね昼食会



今回は全員に景品が当たり、盛り上がりました。
東播ブロック ボウリング大会
2017.02.20
めざせ、ストライク! 東播ブロックボウリング大会開催
前日の雪で開催が心配されましたが、2/12の早朝は
快晴で、8:30から会場のスーパーボール二見に参加者が
続々と集合です。

9時になり、前川ブロック長の挨拶の後、支配人の指導により
参加者と見学者全員で準備体操が行われました。
先ずは、けがをしないようにウォーミングアップです。
次は3分間の練習の後、さあ、めざせ、ストライク!

今回は、1レーン3~4名で8レーン使用 27名の参加者でした。
このうち2名が小学生以下で、重いボールに悪戦苦闘の為、
子供用レーンの使用でようやく笑顔になってましたニコニコ。
マイボール・マイシューズという達人は、ポーズ・投げ方・カ~ンの音もさ・す・が!!
達人によると、ストライクにはレーンのワックス具合と投げるスピード調整といろいろ条件が必要との事でした。「はぁ~、そうなんだ~」何事も奥が深いと感心することしきりでした。
2ゲーム終了後、控室にて表彰式が行われ、会長賞(1位)のきたうらクリニックの梶原氏から27位のお一人お一人に賞品が手渡されました。

何点だったのだろう、賞品は何だろう、とゲーム後の余韻を残してボウリング大会は
終了しました。
参加された方が順位は関係なく、体調を崩すことなく笑顔で帰られたことが感謝です。
皆さん、ご参加ご協力いただき、有り難うございました。
そして、お疲れさまでした(湿布をお忘れなく(*^▽^*))。
記事検索
お知らせ

« 2017 / 02 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
リンク
RSSフィード
RSS 2.0 RSS 2.0
ページの先頭へ